沖縄銀行は大幅安、預金利息抑制と与信費用減少で第3四半期純利益14.2%増

 沖縄銀行<8397.T>が大幅安。同社はきょう午後2時、14年3月期第3四半期累計連結決算を発表した。経常収益は371億3700万円(前年同期比0.8%増)、経常利益は83億200万円(同8.5%増)、純利益は45億5900万円(同14.2%増)となった。貸出金利息の減収で資金運用収益は減少したが、預金利息を抑制したことや、与信費用の減少に努めたことで大幅増益となった。
 なお、通期業績見通しについて、経常利益は前期比15.8%減の92億円(前期実績109億3400万円)、純利益は同16.0%減の50億円(同59億5300万円)と据え置いている。

沖縄銀行の株価は15時現在3430円(▼245円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)