ブラザー工業が軟調、14年3月期売上高、経常利益を増額も反応薄

 ブラザー工業<6448.T>は軟調。同社は4日、14年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は前年同期比19.2%増の6150億円と従来予想から150億円上乗せ、経常利益は同31.8%増の305億円見通しと従来予想を10億円上回った。想定為替レートをこれまでの1ドル=95円から100円に見直したことが利益水準押し上げに寄与しているほか、工作機械事業の受注も回復傾向がみられる。ただ、法人税負担の増加で、最終利益は同13.1%減の155億円と従来予想から10億円引き下げており、株価的には消化難となった。

ブラザーの株価は9時16分現在1220円(▼20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)