KLabは急反発、スマホゲームで中国オンラインゲーム大手と業務提携

 KLab<3656.T>が急反発。株価は一時、前日比52円高の713円まで買われている。同社は4日、盛大遊戯有限公司(上海市)と業務提携したと発表。これを材料視した買いが入っているようだ。
 この提携により、まずブシロード(東京都中野区)と共同開発した「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」を中国大陸・台湾・香港・マカオへ向けて提供する。
 中国大陸(簡体字圏)のスマートフォン販売台数は2013年で3億5000万台、14年には4億5000万台を突破すると予想される。モバイルゲーム市場は急速な伸びを記録しており、12年から13年にかけて市場規模が3倍以上に拡大した。
 モバイルオンラインゲーム市場が急拡大していることを背景に、中華圏で既に十分な認知度を得ている「ラブライブ!」を中国大陸・台湾・香港・マカオにリリースすることを決めたという。

KLabの株価は9時50分現在696円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)