TYOが5日ぶり反発 収益環境追い風、投げ売り一巡

 ティー・ワイ・オー<4358.T>が5日ぶり反発。昨年12月下旬に投機資金の買い攻勢が強まり年明け以降も上値指向を継続していたが、ここ全体地合い悪でバランスを崩し前日までの4日間で2割近い下落をみせていた。目先は投げ売りが一巡したこともあって、値ごろ感からの押し目買いが入っている。広告出稿需要は企業マインドの改善を受けて増加傾向にあり、特にネット向けなどは高単価で書き入れ時となっている状況で、CM映像制作大手の同社に追い風が意識されている。1月30日付で東証2部から東証1部銘柄への指定替えとなり、TOPIXをベンチマークとするファンドの買い入れの思惑も根強い。

TYOの株価は10時3分現在166円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)