ソニーが大幅反発、パソコン事業売却報道で構造改革効果期待

 ソニー<6758.T>が5日ぶり大幅反発。同社がパソコン事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに売却する方向で最終調整に入ったと5日付の日本経済新聞が報じており、不採算事業の整理による経営構造改革効果を評価する動きが評価されている。ソニーは「VAIO」ブランドでパソコンを発売、ピーク時は870万台を出荷する状況にあったが、ここ最近は販売台数の減少で採算が悪化していた。

ソニーの株価は10時18分現在1604円(△74円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)