GSユアサが急反発、第3四半期営業益5割増益を好感、車載用リチウムイオン電池など好調

 ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>が急反発。4日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)連結業績が、売上高2404億6800万円(前年同期比22.8%増)、営業利益97億6200万円(同51.0%増)、純利益49億1200万円(同11.0%減)と大幅営業増益となったことが好感されている。ハイブリッド車用を中心に車載用リチウムイオン電池や電源装置が伸長したことに加えて、第2四半期からタイの持分法適用関連会社を連結子会社化したことや、円安効果などが業績を押し上げた。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高3500億円(前期比27.5%増)、営業利益160億円(同63.7%増)、純利益100億円(同73.4%増)の従来予想を据え置いている。

GSユアサの株価は10時56分現在554円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)