<話題の焦点>=新しい住まいのカタチ、リノベーションに注目

 近年、中古住宅の価値を見直す動きが広がり始めている。中古住宅は、内装をリフォームすれば新築と変わらない住み心地を得られ、土地・建物にリフォーム費用を足しても、新築を購入するより安く済むことが多い。これまでは比較的若年層向けに人気だったが、最近では認知度の向上を背景に購入層も広がりつつある。その際、中古住宅やマンションに施されるのがリノベーションと呼ばれる大規模改修だ。

 富士経済(東京都中央区)がまとめた国内住宅リフォーム市場の調査によると、2012年度の国内住宅リフォーム市場は7兆7884億円であったという。うちリノベーション市場は1760億円。全体に比べて市場自体は大きくはないが、16年度の予測では国内住宅リフォーム市場全体が8兆5586億円と9.9%の伸びに対して、リノベーション市場は2230億円と26.7%増の高成長を見込んでいる。これを手掛ける企業もこれまではインテリックス<8940.T>やリビタ(東京都渋谷区)、リノベる(東京都渋谷区)など専業が多かったが、最近では不動産大手や住宅メーカーが相次ぎ参入している。これから注目の市場だ。

◆主なリノベーション関連銘柄

 銘柄<コード>       内容

パナホーム<1924.T>    住宅メーカーならではのノウハウを活用してリノベーションを展開
スター・マイカ<3230.T>  入居者がいるマンションを1戸単位で購入し、退去後にリノベーション
三菱地所<8802.T>     三菱地所レジデンスが昨年10月からリノベーションマンション販売を展開
大京<8840.T>       大京リアルドが「リノアルファ」ブランドでリノベーション物件を販売
コスモスイニシア<8844.T> 1棟丸ごとリノベーションを展開
ラ・アトレ<8885.T>    中古マンションを個別に仕入れて全面的にリニューアルして販売
シノケンG<8909.T>    外装・内装のリノベーションを実施。小川建設買収もその一環
トーセイ<8923.T>     人気エリアの優良既存マンションを一棟まるごとバリューアップして分譲
インテリックス<8940.T>  リノベーション関連の代表格。「リノヴェックス」ブランドを展開

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)