シップHDが3日続落、第3四半期2ケタ営業減益を嫌気

 シップヘルスケアホールディングス<3360T>が3日続落。4日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)連結業績が売上高1679億2300万円(前年同期比4.5%増)、営業利益74億6900万円(同15.4%減)、純利益45億8900万円(同20.8%減)と2ケタ減益となったことが嫌気されている。前期にM&Aを実施した調剤薬局の業績が加わったことなどで売上高は増加したものの、前年同期にプロジェクト案件を多く計上した反動や介護系施設の入居稼働率がまだ改善途上であることなどが利益の足を引っ張った。
 なお、14年3月期通期業績予想は、売上高2425億円(前期比8.1%増)、営業利益135億円(同7.6%増)、純利益86億円(同0.1%増)の従来予想を据え置いている。

シップHDの株価は13時49分現在3475円(▼140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)