TOAが大幅続伸で4ケタ大台回復、防災関連として存在感

 TOA<6809.T>が大幅続伸で4ケタ大台を回復。前日の全般急落相場にあってプラスで引ける異色の強さをみせたが、きょうも買い気の強い展開で25日移動平均線との下方カイ離を一気に埋める動きとなっている。同社の14年3月期売上高は前期比11.3%増の412億円、営業利益が同13.2%増の41億円といずれも2ケタの伸びが見込まれている。安倍政権下で推し進める防災体制強化に対する政策支援は、防犯カメラや非常用放送設備など防犯・防災システムの大手である同社にとってビジネスチャンスの拡大をもたらす。足もとは各自治体からの防災用スピーカー需要が伸びている。また同社製品は、過去、長野冬季五輪での採用実績があり、2020年の東京五輪でも有力視される。

TOAの株価は14時35分現在1026円(△68円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)