GMOPGが急反発、第1四半期は大幅増収増益、東京都足立区からも新規受注

 GMOペイメントゲートウェイ<3769.T>が急反発。同社は4日大引け後、第1四半期(10~12月)決算を発表。連結売上高16億4500万円(前年同期比25.5%増)、営業利益5億7700万円(同20.5%増)と大幅な増収増益となったことが好感されている。オンライン課金分野では「決済処理件数」と「決済処理金額」ともに景気回復の影響などから順調に推移。加えて昨年11月には東京都足立区の施設使用料等収納代行に「PGマルチペイメントサービス」のコンビニ決済が導入されることが決定しており、新たな受注も獲得している。今14年9月期通期業績予想は連結売上高69億3400万円(前期比20.3%増)、営業利益24億7500万円(同20.8%増)の当初予想を継続している。

GMOPGの株価は14時33分現在4775円(△620円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)