東証マザーズの反発に期待

6日、7日に短期的な底打ちの可能性
5日のに日経平均株価は前日比プラス1.2%の14180円38銭、東証マザーズ指数は前日比マイナス0.2%の788.75で終了しました。4日の大きな下落の翌日ということもあり、寄付では大きく反発しましたが、特に東証マザーズ指数においては失速しマイナスに転じてしまいました。やはりこれだけ急ピッチの暴落でしたので、すぐに投資家マインドが改善されて暴落前の水準に戻ることは難しいでしょう。

私がいつも底打ちのシグナルとして監視しているのが、以下の条件に合致した銘柄数です。

/////////////////////////////////////////////////////

○終値と25日移動平均線との乖離率が-25%以下 かつ
○終値と5日移動平均線との乖離率が-5%以下

/////////////////////////////////////////////////////

この条件に合致した銘柄数は、4日終値時点の「137」から「72」に減少しています。銘柄数が「100」を超えた場合はおおよそ1,2日で株価は反発する傾向にあり、日経平均株価については短期的には4日で底を打った可能性があります。ただ今回の下げ幅が大きい東証マザーズ指数においてはまだ反発はしていない状況です。

昨年6月の暴落時には、

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
6月5日 (暴落前)東証マザーズ指数871.03         銘柄数3         
6月6日      東証マザーズ指数757.17(前日比▲13%) 銘柄数106
6月7日      東証マザーズ指数670.15(前日比▲11%) 銘柄数248
6月10日     東証マザーズ指数749.67(前日比△11%) 銘柄数25
6月11日     東証マザーズ指数749.42(前日比▲0.1%) 銘柄数3
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

となっていますので、銘柄数が100を超えてから1~2日後にいったん底を打ち反発する傾向にありました。
今回はまだ東証マザーズ指数においては反発しておらず、ここ1~2日のうちにいったん大きな反発があるのではないかと考えます。仮に東証マザーズ指数が大きく反発すれば、日経平均株価も大幅高になるだろうと考え、期待をこめて今回はこのような予想とさせていただきました。

ただ仮に東証マザーズ指数が反発した場合においても、その際の反発はあくまでも下がり過ぎた反動の短期的なリバウンドであり、そのタイミングを逃すともう一段の下落があるかもしれません。ですので仮に明日、明後日で東証マザーズ指数が反発しても決して楽観視はしないほうがよいと考えます。