6日の株式相場見通し=売り一巡後は小幅続伸へ

 6日の東京株式市場は、前日の米国株の小幅反落を受けて売り先行でスタートするものの、売り一巡後は好決算を発表した銘柄を中心に、押し目買いの動きが活発化することが予想され、日経平均株価は小幅続伸となりそうだ。
 5日の米国株式市場は小幅反落。NYダウ平均株価が、前日比5ドル安の1万5440ドルとなった。朝方に発表された1月ADP雇用統計で、非農業分野の雇用者数が季節調整済みで前月比17万5000人増となり、市場予想の18万9000人増を下回ったことから売りが先行した。6日早朝の東京株式市場では、1ドル=101円40銭台での小幅な値動きとなっている。
 日程面では、1月の車名別新車販売台数、1月のオフィスビル市況に注目。海外では、シカゴ自動車ショー(~17日まで)、ECB(欧州中央銀行)理事会、米12月の貿易収支、米10~12月の労働生産性(速報値)が焦点になる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)