◆5日の米株式市場の概況 NYダウ反落、方向感乏しく経済統計受け売り買い交錯

 5日の米株式市場はNYダウが反落し、前日比5.01ドル安の1万5440.23ドルとなり、ナスダック総合指数は同19.968ポイント安の4011.552で取引を終了した。朝方発表の1月のADP雇用統計で、非農業分野の雇用者数が市場予想に届かなかったことから7日発表の雇用統計に対する警戒感が強まり、株式市場は下落したが、午前中頃に発表された1月のISM非製造業景況感指数が市場予想を上回ったことから買い戻しが入った。全般的に雇用統計の発表を控えて模様眺めムードが強く、方向感に欠ける展開となった。なお、出来高概算は、ニューヨーク市場が7億5544万株、ナスダック市場が21億1588万株。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)