◎欧米外為市場サマリー

 5日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=101円46~47銭と前日に比べ10銭強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=137円30~34銭と同8銭の円高・ユーロ安だった。 
 この日発表された米1月ADP民間雇用者数は17万5000人の増加と市場予想(18万5000人)を下回った。この結果を受け、一時100円80銭まで円高が進んだ。ただ、その後発表された米1月ISM非製造業景況指数は54.0と市場予想(53.7)を上回ったことから、円売り・ドル買いが強まり101円62銭まで値を戻した。一時100ドルを超す下げを記録していたNYダウの下げ幅が縮小するなか、101円40銭台で取引を終えた。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3532~33ドルと同0.0016ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)