ニッタゼラチン急落、14年3月期通期予想の下方修正を嫌気

 新田ゼラチン<4977.T>が急落。同社は5日、大引け後に今14年3月期通期予想を修正。連結売上高で当初計画の327億円から323億円(前期比12.3%増)へ、営業利益で17億円から10億円(同37.3%減)へ、経常利益で18億9000万円から11億円(同44.4%減)へ、純利益で13億8000万円から7億円(同54.1%減)へ下方修正したことが嫌気されている。ゼラチンは、食用を中心に販売は増加しているが、世界的な原材料価格上昇や円安による輸入仕入れ価格上昇が影響し、コスト増に伴う価格転嫁が十分に浸透していないことが要因。加えて第2四半期に発生したケーシング品質問題による損失を十分にカバーできていないことも圧迫している。

ニッタゼラチンの株価は10時22分現在848円(▼57円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)