ミツバが大幅続伸、第3四半期経常利益は通期計画を既に超過

 自動車電装品などを手掛けるミツバ<7280.T>が大幅続伸となっている。同社は5日の取引終了後に、2014年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算を発表。経常利益は182億2100万円(前年同期比2.0倍)となり、通期計画の160億円(前期比31.5%増)を超過達成した。
 14年3月期第3四半期は、連結売上高が2019億3100万円(前年同期比19.0%増)、最終利益が30億3500万円(同23.3%減)。国内景気や米国景気が堅調に推移するなか、輸送用機器関連事業と情報サービス事業がともに伸長した。なお、最終利益は、米国反トラスト法及び関連法規違反による罰金を特別損失として計上したことなどが影響している。
 なお、2014年3月期通期の連結決算見通しは、売上高2650億円(前期比17.5%増)、最終利益45億円(同30.5%減)とする従来予想を据え置いている。

ミツバの株価は10時37分現在1731円(△95円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)