豊田通商は小動き、中国で日本企業初の自動車解体リサイクル事業参入

 豊田通商<8015.T>が小動き。同社は5日、昭和メタル(埼玉県越谷市)と北京博瑞聯通汽車再循環利用科技有限公司(中国北京市)に資本参画したと発表した。中国での自動車解体リサイクル業界への直接外資参入は日本で初の試みとなる。
 自動車保有台数の急増や、排ガス対策未対応の旧式車両のELV(使用済み自動車)適正処理の必要性増大などにより、2020年には現在の2倍以上の約1000万台の使用済み自動車が同国で発生するとみられ、環境負担を減らす観点から対応が求められている。

豊田通商の株価は10時35分現在2278円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)