ぐるなびが大幅続伸、14年3月期通期予想の上方修正と期末増配を好感

 ぐるなび<2440.T>が大幅続伸、一時前日比462円高の3205円まで買われている。同社は5日、大引け後に今14年3月期通期予想を修正。連結売上高は303億円(前期比11.1%増)から変更はないが、営業利益は35億円から40億円(同28.3%増)へ、経常利益で35億円から40億円(同26.8%増)へ、純利益で20億円から23億円(同17.4%増)へ上方修正。加えて期末配当も10円から15円(前年同期実績10円)に引き上げたことを好感している。ぐるなびPRO認証システムにおけるスマートフォン端末普及で費用が軽減され、データセンターの効率運用でシステム利用料や保守費が削減されている。また、ポイント費用を予約サービス分野へ重点配分した一方で、販促費・広宣費などの見直しを行なったことで、原価及び販管費が低減されている。
 同じく5日にはぐるなびのレストランのウエブ予約サービスを通じて、13年1月から12月末日までの1年間で送客人数が約500万人を突破したことも発表しており、これも評価を高める要因となっている。
 加えて同社は3月31日を基準日として1対2の株式分割を行なうことも発表している。効力発生日は4月1日。

ぐるなびの株価は10時44分現在3145円(△402円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)