日医工は朝高後値を消す、 日証金が6日から貸借取引の申し込み停止措置を解除

 日医工<4541.T>は朝高後値を消す展開。朝方に一時、前日比11円高の1469円まで買い進まれる場面があったものの、その後売り優勢となり、同16円安の1442円まで売り込まれている。日証金が5日、6日約定分から貸借取引の申し込み停止措置を解除すると発表した。
 信用取引の規制解除に伴って売買の自由度が回復するとの見方から、寄り付きから買いが先行したものの、買い一巡後は一転売りが優勢となっている。

日医工の株価は11時28分現在1449円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)