リプロセルが一時S高、STAP細胞との関係についてのコメント発表を材料視

 リプロセル<4978.T>が一時ストップ高。この日の午前中に、理化学研究所の発見したSTAP幹細胞と同社ビジネスの関係についてのコメントを発表しており、これを材料視する買いが入っている。同社によると、「STAP幹細胞の発明は当社にとって大きなプラス材料であり、当社が蓄積してきた技術力や知的財産をSTAP幹細胞にそのまま応用することで、大きなビジネス機会の創出につなげられると考えている」という。これまで不明だったSTAP幹細胞との関係性が明らかになったことで、買い安心感が強まったようだ。

リプロセルの株価は13時1分現在1272円(△261円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)