<後場の注目銘柄>=スター・マイカ、中古マンション事業好調

 スター・マイカ<3230.T>は高値圏でのもみ合いが続くが、PBR1倍前後の時価はまだ割安感がある。

 業績は回復色を鮮明にしている。14年11月期は営業利益19億5100万円(前期比8%増)、純利益8億200万円(同8%増)を見込み、配当は5期連続増配の16円を予定しているが、これを牽引するのが主力の中古マンション事業の好調だ。同社の中古マンション事業は、空室はリフォームをして販売に回し、それまでは賃貸で稼ぐ事業モデルで、販売用不動産残高の増加が業績拡大のカギとなるが、前期末の残高は269億円(前々期末239億円)。今期は280億円程度に増加の見込みで、これが業績を牽引しよう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)