コマツが連日の昨年来安値、新興国動向など不透明感強く売り先行

 コマツ<6301.T>が4日続落。前日に2012年12月以来、約1年2カ月ぶりに2000円台割れを記録したが、この日も売りが続き、一時前日比56円安の1958円まで値を下げ昨年来安値を更新した。同社の2014年3月期第3四半期(4~12月)の連結純利益は前年同期比26.6%増の1153億3700万円と堅調だった。ただ、市場では中国など新興国の先行きに対する不透明感は強く、建機大手の同社株には売りが先行している。

コマツの株価は13時10分現在1969円(▼45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)