クリナップが後場上げ幅を拡大、14年3月期業績予想を上方修正で

 クリナップ<7955.T>が後場に入り上げ幅を拡大してきた。午後1時ごろに14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1215億円から1236億円(前期比8.9%増)へ、営業利益を同58億円から74億円(同55.6%増)へ、純利益を同30億円から41億円(同63.6%増)へそれぞれ上方修正したことを好感した買いが入っている。新設住宅着工戸数の順調な伸びや消費増税前の駆け込み需要に支えされて、システムキッチン「クリンレディ」「ラクエラ」やシステムバスルーム「アクリアバス」「ユアシス」を中心に販売数量が計画を上回ったことが要因としている。また、今年10月に創業65周年を迎えることを記念して、14年3月期の期末配当において5円の記念配当を実施して期末配当を15円とし、年間配当を25円(従来予想20円、前期15円)にすると発表したことも好材料視されている。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高945億9700万円(前年同期比9.8%増)、営業利益72億6400万円(同50.3%増)、純利益43億900万円(同53.2%増)だった。

クリナップの株価は13時17分現在880円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)