大成建が後場上げ幅を拡大、第3四半期大幅増収増益を好感

 大成建設<1801.T>が後場上げ幅を拡大。午後2時ごろに第3四半期決算を発表しており、売上高9828億9900万円(前年同期比6.3%増)、営業利益381億8600万円(同24.4%増)、純利益236億8500万円(同72.6%増)と大幅増収増益になったことが株価を刺激している。土木事業、建築事業ともに受注が増加したことに加えて、工事の消化も順調だった。
 なお、14年3月期通期業績予想は、売上高1兆4500億円(前期比2.4%増)、営業利益400億円(同12.3%増)、純利益180億円(同10.2%減)の従来予想を据え置いているが、第3四半期までで営業利益は95%、純利益は超過達成となっていることから、上方修正への期待も高まっているようだ。

大成建の株価は14時21分現在446円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)