アジア投資が大幅続伸、第3四半期累計業績の大幅黒字転換を好感

 日本アジア投資<8518.T>が大幅続伸、5日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)連結業績が売上高72億9800万円(前年同期比86.8%増)、営業利益17億1000万円(前年同期1億5600万円の赤字)、純利益6億8600万円(同10億800万円の赤字)と大幅黒字転換したことが好感されている。ファンド運用資産の総額減少で管理報酬は減少したが、成功報酬が増加。また株式市場の好転や、昨年11月に上場したM&Aキャピタルパートナーズも寄与し、営業投資有価証券の売却益が大幅に増加したことも業績を牽引した。
 なお、14年3月期通期業績予想は株式市場など変動要因の影響が大きいため未開示としている。

アジア投資の株価は14時32分現在108円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)