中越パは買い一巡後上げ幅縮める、第3四半期黒字転換で通期は営業利益増額

 中越パルプ工業<3877.T>が続伸。きょう午後2時30分に発表した今14年3月第3四半期(4~12月)の連結決算は8.9%増収で、営業利益20億1100万円(前年同期2億7600万円の赤字)と大幅に黒字転換した。通期については売上高を前回予想の980億円(前期比8.3%増)を据え置いたが、営業利益を27億円から30億円(同11.6倍)に引き上げた。コスト対策効果が予想を上回り、営業・経常利益は前回予想を上振れる。ただ、事業構造改革関連費用を追加計上したことで純利益は前回予想を引き下げた。株価は一時前日比14円高の215円まで上げ幅を広げたが、買い一巡後は前日比変わらずまで上げ幅を縮めている。

中越パの株価は14時54分現在202円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)