日テレHDの第3四半期累計は7.8%営業増益、開局60周年配を期末に実施へ

 日本テレビホールディングス<9404.T>はこの日、大引け後に第3四半期(4~12月)累計業績を発表。連結売上高2513億8400万円(前年同期比2.9%増)、営業利益276億3800万円(同7.8%増)と増収増益となった。地上波テレビ広告収入ではレギュラー番組枠でのタイム収入が拡大、スポット広告費の地区投下量も増加している。今14年3月期通期は売上高3381億円(前期比3.6%増)、営業利益384億円(同8.4%増)の当初予想から変更はないが、期末配当は当初予想の20円に13年8月28日の開局60周年を記念した5円の記念配を加えて25円(前年同期実績20円)に引き上げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)