タカタは第3四半期営業96%増益達成し通期予想を上方修正

 タカタ<7312.T>が6日取引終了後に発表した今14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は売上高4063億2500万円(前年同期比36.4%増)、営業利益214億5900万円(同95.8%増)と大幅増収増益になり、通期業績予想を上方修正した。前回の売上高5100億円を5400億円(前期比30.0%増)、営業利益250億円を270億円(同86.3%増)へ増額。北米や中国などで引き続き自動車生産が拡大、第3四半期は全地域で増収となり、第4四半期以降の前提為替レートを1ドル=100円、1ユーロ130円に修正したことで通期の売上げ、利益が計画を上振れる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)