ソニーは今3月期通期利益予想を大幅下方修正

 ソニー<6758.T>が6日取引終了後に発表した今14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は売上高5兆9010億1700万円(前年同期比16.4%増)、営業利益1414億5300万円(同70.5%増)と大幅増収増益になった。据え置き型ゲーム機プレイステーション4やスマートフォンの販売が伸び2ケタ超の増収を確保、円安とテレビ事業の損失縮小により、収益性が大きく向上した。
 通期は売上高7兆7000億円(前期比13.2%増)と前回予想を据え置いたが、営業利益を1700億円から800億円(同65.2%減)に下方修正するなど利益予想を大幅に減額。パソコンやデバイス分野などが想定を下回る見込みで、資産売却計画を見直したことなどから利益水準が大きく低下、構造改革費用もかさみ、最終損益は前回の300億円の黒字から一転、1100億円の赤字(前期430億3400万の黒字)に転落する見通し。
 事業構造改革の一環としてパソコン事業を日本産業パートナーズ(東京都千代田区)に売却すると発表した。3月末までに正式契約を結ぶ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)