河西工がS高、14年3月期業績と配当予想を上方修正、北米自動車販売好調受け

 河西工業<7256.T>がストップ高水準でカイ気配。6日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1600億円から1760億円(前期比20.3%増)へ、営業利益を同60億円から80億円(同2.4倍)へ、純利益を同30億円から49億円(同3.6倍)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。円高是正の進行に加えて、北米での自動車販売の好調が追い風となっているほか、中国、アセアン地区での収益改善が予想を上回る見通しとなったことなどが要因としている。また、業績予想の修正に伴い、従来9円を予定していた期末一括配当を11円に引き上げるとあわせて発表したこともポジティブ評価されている。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高1319億7100万円(前年同期比21.8%増)、営業利益52億9200万円(同3.3倍)、純利益32億1400万円(前年同期1億8500万円の赤字)となった。

河西工の株価は9時33分現在771円(△100円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)