東都水が後場急伸、14年3月期利益予想を増額

 東都水産<8038.T>が後場株価水準を大きく切り上げてきた。4日には183円まで売り込まれたが、その後切り返しが鮮明、きょうは39円高の228円まで買われている。水産物卸の単価上昇や冷凍倉庫の好調、カナダ子会社の業績寄与などを背景に7日前引け後、14年3月期最終利益見通しを従来予想の7億円から9億円に増額、これが株価を後押ししている。株価は低位で材料株素地にも富み、短期筋の追随買いを誘っている。

東都水の株価は12時39分現在226円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)