ひらまつが3日続伸、観光立国に向けた政策支援が追い風

 ひらまつ<2764.T>が3日続伸。全体相場の波乱安に巻き込まれ1月下旬から大幅調整を余儀なくされたものの、日足一目均衡表では雲のはるか上に位置しており戻り足も軽い。仏ミシュランの一つ星を獲得し、高級フレンチとイタリアンを中心にチェーン展開するが、高額消費回復の流れが同社の収益環境に味方している。また、2020年の東京五輪開催や、政府の政策支援を背景とした中期的な外国人観光客の増勢が、商機拡大をもたらす。同社では16年をメドに富裕外国人観光客に照準を合わせた宿泊施設付きの高級レストランを運営する計画にあり、“観光立国日本”での新たな需要取り込みを図る方針。

ひらまつの株価は14時16分現在721円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)