日経平均株価の上昇幅が300円を超える、売り方に買い戻しの動き

 7日後場の東京株式市場で、日経平均株価の上昇幅が、一時前日比300円を超えてきた。一時、前日比316円高の1万4471円まで買い進まれている。外国為替相場での円安・ドル高の傾向を支えに、日経平均株価先物への買いが観測される。週末控えで、週初の大幅下落となった時点での売り方の買い戻しの動きもあるようだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)