【東京市場は底打ち】反発を狙う銘柄は?大幅なリバウンドが期待できる銘柄は?

大きく下げた銘柄ほど、リバウンドが期待できる
 日経平均株価は+307円の14,462円と大幅反発。TOPIXも+26.77の1,189.14ポイントと反発いたしました。

 5日の水曜日、前場の取引が終わった場面で、このコラムで『絶好の買いチャンス到来!!まさに【陰の極】皆が弱気な時、強気になって買い向かいましょう!!』と書かせていただきました。

 その日の後場、日経平均株価は14,000円を割り込み13,995円の安値を記録した後に反発に転じ、週末金曜日は+307円の14,462円と底入れを感じさせる動きとなりました。おかげさまで予想通りの動きとなりました。

 いつまでも弱気で見ているのでは株で儲けることが出来ません。どんな場面でも冷静に「どれ程下げたのか?」「反発が期待される位置はどこなのか?」と予測し続け、その位置に到達したらファンダメンタルズを気にせずズバッと【強気】に転換します!そうしたことが本当に重要です。来週も引き続き大幅下落銘柄の更なる反発に期待していきましょう。

 ≪では、どのような銘柄を狙えば良いのか?≫

 水曜日のコラムでは、『買い銘柄は「yahoo!ファイナンス」の株式ランキングで、高かい離率(75日・マイナス)、高かい離率(25日・マイナス)から銘柄をピックアップし、分散して買われることをお勧めいたします』と書かせていただきました。

 その後、大幅高を演じた銘柄を見ると、まさにそうした銘柄から大幅な上昇を遂げたことがわかるものと思われます。
 ボールを地面に落とすとします。1メートルの高さから落としたボールと、3メートルの高さから落としたボールとでは、リバウンドの高さが変わります。株価も同じことが言えます。深く早く下落した銘柄ほど、その後の反発は幅が狙えます。

 本日のコラムでは、来週、幅のある反発が期待される銘柄を今日はピックアップさせていただきます。読者の皆様が、売買銘柄の参考にしていただけたら幸いです。
 ≪来週から幅のある反発が期待される銘柄≫
 ■ ユナイテッド(2497)【マザーズ:100株単位】1,909円
 ■ モルフォ (3653)【マザーズ:100株単位】2,022円
 ■ アライドアーキテクツ (6081)【マザーズ:100株単位】3,050円
 ■ アイル (3854)【JASDAQ:100株単位】1,908円