第一パンが堅調 13年12月期業績見込みを上方修正で、クリスマスケーキ受注好調

 第一屋製パン<2215.T>が堅調。前週末7日の取引終了後、集計中の13年12月期業績について、売上高を従来予想の245億円から246億円(前の期比0.8%減)へ、営業利益を同2億4000万円から4億1000万円(前の期2億100万円の赤字)へ、純利益を同3億9000万円から5億1000万円(同2億2900万円の赤字)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。従来予想では、価格競争の激化や卵などの逼迫による原材料価格の上昇を懸念していたが、年末商戦でラ・ベットラシリーズ、くまモンフェイスケーキをはじめとしたクリスマスケーキの受注が予想を大きく上回ったことや、キャラクター商品を中心にNB(自社ブランド)商品の販売が好調だったことなどから、上方修正するとしている。

第一パンの株価は9時18分現在146円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)