井関農が大幅4日続伸、消費増税前の駆け込み需要など寄与し14年3月期業績予想を上方修正

 井関農機<6310.T>が大幅4日続伸。前週末7日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1630億円から1700億円(前期比9.2%増)へ、営業利益を同55億円から67億円(同30.2%増)へ、純利益を同34億円から55億円(同38.2%増)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。第3四半期累計(4~12月)業績の進捗などを勘案したとしている。また、業績予想の修正に伴い、従来3円を予定していた期末一括配当を4円(前期3円)に引き上げるとあわせて発表した。
 同時に発表した第3四半期累計業績は、売上高1265億4300万円(前年同期比7.3%増)、営業利益59億1100万円(同7.5%増)、純利益50億円(同28.7%増)となった。国内向けが農家所得の改善や農業関連予算の増額、消費増税前の駆け込み需要などを背景に需要が旺盛だったことに加えて、海外農業機械も北米市場のユーティリティトラクターの投入効果や中国向けの伸長で売り上げを伸ばした。円高是正による収益改善効果や為替差益の発生もあって大幅増益を達成した。

井関農の株価は9時25分現在297円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)