エアーテックが4日続伸、13年12月期業績見込みを下方修正も悪材料出尽くし感強い

 日本エアーテック<6291.T>が4日続伸。前週末7日の取引終了後、集計中の13年12月期の単独業績について、売上高を従来予想の70億円から68億9100万円(前の期比1.8%増)へ、営業利益を同1億2500万円から4500万円(同76.2%減)へ、純利益を同1億2500万円から1億700万円(同38.2%減)へそれぞれ下方修正したが、株価は直近、もみ合い下放れていただけに、悪材料出尽くし感が強まったとの見方から買われているようだ。なお、業績予想の修正は、製薬分野向け大型製品の売上原価が増加したことが要因としている。

エアーテックの株価は9時26分現在499円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)