三井松島が小幅ながら4日続伸、14年3月期通期の利益予想を上方修正

 三井松島産業<1518.T>が小幅ながら4日続伸、堅調な動きとなっている。同社は7日大引け後に今14年3月期通期業績予想を修正。連結売上高では当初計画の790億円から770億円(前期比8.3%減)へ下方修正したが、営業利益で15億円から19億円(同50.3%減)へ、経常利益で19億円から26億円(同36.7%減)、純利益で13億円から14億円(同17.6%減)へ上方修正している。石炭の販売数量は減少しているものの、販売価格が上昇していることや海外子会社の為替差益計上が利益を押し上げている。加えて福岡県福津市内にある同社社有地で4メガワットの太陽光発電所を運営している子会社のMMエナジーが新たに2メガワットの太陽光発電所を建設することも発表している。

三井松島の株価は9時50分現在157円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)