サトーHDが反発、国内と中国好調で今期過去最高営業益を更新へ

 サトーホールディングス<6287.T>が反発。2月4日の2100円割れで底値を確認、「ここにきて継続的な買いが観測」(市場関係者)され5日移動平均線を上回ってきた。バーコードなどの自動認識システムを手掛けるが、国内は景況感の回復を背景に需要好調なほか、中国では電子商取引市場の開拓が進んでおり、収益環境に順風が吹いている。商品競争力で先行するプリンターの新規投入効果も加わり、14年3月期連結営業利益は前期比2割増となる66億円と過去ピークを更新する見通しで、買いを助長している。

サトーHDの株価は10時00分現在2362円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)