7&iが続伸、消費増税も影響限定的との見方

 セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>が続伸。一時100円高の3945円まで買われ、2月3日以来の4000円台復帰を射程にとらえている。4月からの消費税引き上げはマイナス材料だが、「コンビニエンスストアに対し、消費者は低価格路線を求めているわけではなく、そのぶん影響は限定的」(市場関係者)という見方も強い。また、同社が来年度にクオリティを前面に押し出した高めの価格設定のPB商品を増加させる方針が伝わっていることも、評価材料となっているもよう。

7&Iの株価は10時17分現在3874円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)