中山製鋼はしっかり、純利益656億円に下方修正も反応は限定的

 中山製鋼所<5408.T>がしっかり。同社は14年3月期通期業績予想の修正を発表した。売上高は1300億円(前期比8.2%減)を据え置いたが、営業利益は従来の35億円から29億円(前期実績45億3700万円の赤字)、最終利益は660億円から656億円(同567億5000万円の赤字)に下方修正したが、反応は限定的のようだ。
 スクラップなど主原料価格の上昇によるコストアップのほか、企業再生税制の適用に伴う法人税等調整額24億5500万円を計上したことが下方修正の主な要因となっている。

中山製鋼の株価は11時2分現在89円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)