豪ドル買い戻し優勢

豪ドル円チャート分析
オーストラリア準備銀行は7日発表した金融政策報告で、
GDPとインフレ予想を引き上げ、非常に緩和的政策が効果発揮している
一段の兆候があるとの認識を明らかにした。
そのため、豪ドルが買い戻りやすい状況になっている。

テクニカル分析から、38%である91.11円は既に到達。
62%にあたる92.87が次のターゲットになる。
米雇用統計の発表後、米株を買い戻された。週初めは日経にも買いが入りやすくなるだろう。
このまま、一気に93円台まで豪ドルが対円で買われる気になるところが、
買いモメンタムはそれ程、強くない。