横河電が大幅安、経常利益進捗率から通期未達懸念

 横河電機<6841.T>が大幅安で一時1400円割れに売り込まれた。同社が7日発表した13年4~12月期の連結決算は売上高が前年同期比11.7%増の2702億5700万円、経常利益が同56.9%増の140億2400万円と大幅な伸びを示したが、14年3月期通期の経常利益予想230億円に対し進捗率が60.9%にとどまっており、通期計画未達への懸念が売りを誘っている。ただ、外国為替市場では会社側想定に比べ実勢は円安水準で推移しており、これが追い風要因にもなることから「需給先行の行き過ぎた下げ」(市場関係者)との見方も出ている。

横河電の株価は12時46分現在1412円(▼89円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)