デリカフーズが決算発表受けマイナスに転じる、野菜価格の高騰などで

 デリカフーズ<3392.T>は朝方プラス圏で推移していたものの、11時ごろに発表した第3四半期累計(4~12月)連結業績が、売上高198億5600万円(前年同期比8.5%減)、営業利益3億6900万円(同26.8%減)、純利益2億600万円(同30.3%減)と大幅減益だったことを嫌気した売りに押され、マイナスに転じた。大手外食チェーンなど新規顧客の獲得や既存取引の進行が想定以上に進展し増収を確保したが、9月以降の台風被害や11月中旬以降の急激な気温の低下などによる、野菜の調達価格の高騰や品質悪化による作業効率の低下、ロスの増加が利益を圧迫した。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高250億円(前期比3.2%増)、営業利益6億4100万円(同5.3%減)、純利益3億4000万円(同17.3%減)の従来予想を据え置いている。

デリカフーズの株価は13時25分現在662円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)