<舛添新都知事で相場への影響は?> 松井証券・シニアマーケットアナリスト 窪田朋一郎氏

 全般は前週末の地合いを引き継ぎ反発局面にあるが、9日投開票された都知事選で舛添氏が勝利したことは、株式市場にとってもプラス材料として働く。
 今年は他に大きな選挙がないこともあって、今回の都知事選は安倍政権の信認を得られるかどうかで、重要な位置付けとなっていた。そうしたなか舛添氏は、ただ勝利しただけでなく2位以下に大差をつけたことから、都民の立場からアベノミクスへの評価継続という見方ができる。
 東京オリンピック関連などにはプラス材料となる一方、原発問題については「原発の即ゼロ」を掲げる細川氏などを退けたことで、再生可能エネルギー関連株などには一時的にマイナス要因として作用する可能性もある。ただ、全体相場に与える負の影響は限定的だろう。
 
出所:株経通信(株式会社みんかぶ)