戸上電がS高カイ気配、14年3月期業績予想の上方修正を好感、足もとの需要旺盛で

 戸上電機製作所<6643.T>がストップ高水準でカイ気配となっている。10日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の178億円から185億円(前期比6.9%増)へ、営業利益を同7億5000万円から13億円(同2.0倍)へ、純利益を同6億円から11億円(同2.2倍)へそれぞれ上方修正したことを好感した買いが入っている。第3四半期累計(4~12月)業績などを踏まえて計画を見直したことが要因だという。
 同時に発表した第3四半期累計業績は、売上高136億7400万円(前年同期比8.9%増)、営業利益9億5100万円(同88.1%増)、純利益8億9400万円(同2.7倍)となった。太陽光発電など新エネルギー関連の需要に加えて、公共投資や民間の設備投資の需要が増加し配電用自動開閉器が好調だった。また、電磁開閉器など電子制御器についても機械装置メーカー向け売上高が増加したほか、電力会社向けの配電自動化用子局も新製品効果で売り上げが膨らんだという。コストダウンの推進や生産性向上の取り組みも奏功し大幅増益を達成した。

戸上電の株価は9時32分現在305円(△80円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)