明和産が5日続伸、14年3月期通期利益見通しを上方修正

 三菱系の中堅商社で主に化学品や樹脂などを取り扱う明和産業<8103.T>が5日続伸となっている。同社は10日取引終了後に、14年3月期通期の連結業績の利益見通しを上方修正。売上高を従来通り1400億円(前期比6.8%増)で据え置く一方、経常利益は従来の26億5000万円から32億円(同12.0%増)に、最終利益は16億5000万円から21億円(同24.8%増)に引き上げた。
 潤滑油類をはじめとする中国国内取引が好調に推移すると見込まれるほか、円安による為替レートの影響などが利益を押し上げるという。
 なお、14年3月期第3四半期の連結決算は、売上高が1018億3900万円(前年同期比3.3%増)、経常利益が27億2300万円(同15.3%増)、最終利益が18億3700万円(同19.4%増)だった。
 
明和産の株価は9時51分現在361円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)