トプコンが5日続伸、三菱UFJMSが投資判断を引き上げ

 トプコン<7732.T>が5日続伸。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」とし、目標株価を1700円から2000円に引き上げたことが観測されている。同証券では第3四半期決算で今期の会社予想の未達懸念が高まったと判断したが、決算発表後の株価下落で今期の会社予想未達リスクは既に織り込まれたとし、株式市場の関心は来期以降の業績に移ったと判断。高採算の新製品投入加速やOEM事業拡大など、具体的な成長シナリオが見えてきたため、来期以降の利益成長の可能性が従来考えていたよりも高まったして、15年3月期の営業利益予想を120億円から145億円へ引き上げたという。

トプコンの株価は11時8分現在1518円(△76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)