日本アクアが続騰、14年12月期の連続大幅増収増益見通しを好感

 日本アクア<1429.T>が続騰。10日引け後に発表した連結本決算で、14年12月期は売上高130億2500万円(前期比32.6%増)、営業利益13億4100万円(同40.2%増)、純利益8億1700万円(同59.7%増)と前期に続いて大幅増収増益を見込んでいることが好感されている。「アクアフォーム」の高断熱・高気密性、価格競争力の優位性を武器に、戸建住宅向け断熱材の施工販売に関して前期と同程度の売上高を見込んでいるほか、新たに強化する建築物向けの断熱材の受注が順調なことなどが業績を牽引するとみている。
 なお、13年12月期は売上高98億2500万円(前の期比51.4%増)、営業利益9億5600万円(同44.3%増)、純利益5億1200万円(同40.3%増)となった。

日本アクアの株価は11時30分現在3600円(△545円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)