オムロン3日続伸、野村証券は「バイ」継続 目標株価は5200円に引き上げ

 オムロン<6645.T>が3日続伸。株価は一時、前営業日比215円高い4215円まで買われている。
 野村証券では10日付で、投資判断「バイ」を継続、目標株価は4700円から5200円に引き上げている。ヘルスケア事業出身の山田社長に率いられた若手経営陣が、再び売上高を伸ばしながら、稼げる体質へ変革していると評価。14年3月期は車載やHCBといった制御機器事業以外がしっかりと稼いで営業最高益更新を予想。リポートでは、15年3月期は次期中期計画の始動に伴う新たな戦術の開陳、なかでも低迷が続いた制御機器事業のヘッド(カンパニー長)に全社の戦略本部長を登用して再起を急ぐことを注目点として挙げている。また、同証券では業績予想を上方修正。連結営業利益について、14年3月期を会社側計画650億円に対して700億円(前期比54.3%増、従来680億円)、15年3月期800億円(従来730億円)、16年3月期900億円(同800億円)と修正。制御機器事業では、これまで良品廉価な商品開発や販路拡大、セールスエンジニア増強といった施策を仕込んでおり、新ヘッド登用で拡販が加速すれば、さらなる利益成長も期待できるとしている。

オムロンの株価は13時53分現在4180円(△180円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)